起業時のお悩み

お悩みを解決

記事一覧へ戻る

起業時のお悩み

会社設立時の手続きはどうすればよいのか?

設立登記

kigyou2

会社の設立登記は、商業登記の専門家である司法書士に任せるのがベストだと考えます。 現在の会社法では様々なパターンの会社・機関設計・種類株がありますが、司法書士に相談した場合は、それを一通りレクチャーをしてくれます。登記以外の法律にも詳しいので、いざというときも法律相談に乗ってくれます。 私たちが責任もって優秀な司法書士をご紹介します。
また、電子認証ができる司法書士に依頼すると、公証人定款認証時の印紙代4万円が不要となります。

個人事業から法人への事業譲渡

個人事業を廃止し、法人に移行する場合は事業譲渡することになります。
譲渡日時点での債権債務の締切確認・固定資産の確認・棚卸資産の確認・銀行借入の重畳的債務引受契約・従業員の雇用契約・許認可の変更・取引先ヘの挨拶状等作業が必要になります。

»独立開業支援の詳細はこちら

会社設立時の費用は?

会社の設立登記は、商業登記の専門家である司法書士に任せることをおすすめします。
現在の会社法では、様々なパターンの会社・機関設計・種類株があり、司法書士に相談した場合は、一通りレクチャーをしてくれます。登記以外の法律にも詳しいので、いざというときも法律相談に乗ってくれます。私たちが責任もって優秀な司法書士を紹介します。
また、電子認証ができる司法書士に頼めば公証人定款認証時の印紙代4万円が不要となります。

»独立開業支援の詳細はこちら

会社設立後の手続きは?

img-kigyou1

会社設立後は、税務署・都道府県・市町村へ届出を提出しなればなりません。また、提出と同時に選択しなければならない事項(青色申告・消費税関連の選択等)もたくさんあり、この選択はとても重要になってきます。選択を間違えると、数百万円・数千万円以上といった多額の損害が発生する場合があるからです。実際に損害が発生していたケースにも直面し、もう少し、早く、私たちと面識を得ていたらと大変残念な思いをしたことがあります。
また、人を採用するときは、雇用・労災・社会保険への加入で手続きが必要となります。

»独立開業支援の詳細はこちら

 

秋吉公認会計士事務所
福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル9階
TEL:092-771-3340(代表)/ FAX:092-771-3376
Copyright(c) 2013-2017 akiyoshikouninkaikeishi-jimusho.co.ltd. Allright Reserved.