できる社長の勘違い③俺がやればなんでもうまくいく(企業成長の壁)

所長ブログ

記事一覧へ戻る

できる社長の勘違い③俺がやればなんでもうまくいく(企業成長の壁)

本日も、できる社長に多い勘違いについてです。

 

勘違いしている社長が特に多いのは、若く創業し、上手く行っているケースです。

会社はうまく行っているので 従業員からも、取引先からも銀行からも評判はいいです。

そうなると、社長はだんだん、自分は有能な経営者なのではないかと思い始めます。

事実、有能だから、事業もうまく行っているわけです。

しかし、経営はそんなに簡単なものではありません。

規模が小さいときは、自分一人で会社を引っ張ることができても

従業員が10人20人となれば、自分一人では引っ張ることはできません。

たとえるならば、高校野球で地方大会では群を抜いて強いチームでも

大きな大会や全国クラスの大会では、全く歯が立たないケースです。

 

会社の規模が大きくなれば、戦略の精度、マネジメント力、資金力など

高いレベルで要求されるほか、競合も強い相手と戦わなければなりません。

勘違いした経営者がとる傾向として、別事業を始めます。飲食店、物品販売などです。

本業と関係のない事業を始める傾向があります。あるいは、奇抜なアイデアを実行します。

役員や他人の意見を聞かず、「自分がやれば必ず成功する」と自分の判断だけで始めてしまいます。

 

結果、大赤字で本業にまで響くケースもあります。

 

 ライブドアの堀江社長(ホリエモン)やZOZOTAWNの前澤社長は、その例でしょう。

 

 

困って首をかしげるビジネスマン

———————————————————————–

できる社長の勘違いシリーズ

できる社長の勘違い①経営者のリーダーシップ

できる社長の勘違い②会社のことは、自分が一番わかっている!

———————————————————————–

 

 

 

Contents

秋吉公認会計士事務所
福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル9階
TEL:092-771-3340(代表)/ FAX:092-771-3376
Copyright(c) 2013-2019 akiyoshikouninkaikeishi-jimusho.co.ltd. Allright Reserved.