失敗しない飲食店経営 ③  契約の落とし穴

所長ブログ

記事一覧へ戻る

失敗しない飲食店経営 ③  契約の落とし穴

失敗しない飲食店経営 ③  契約の落とし穴

 飲食店やってみたい方、多いです。

契約を確認しておかないと大変な目に合うことがあります。

(1)又貸し契約。
 賃貸借契約は その建物の所有者と契約しなければなりません。

 又貸しとは、建物の所有者には内緒で 賃借人から 店舗を又借りすること。

 せっかく、順調にいってたのに 所有者に分かって出て行ってれと言われたり、前のお店の方から 戻してくれ言われたりと。

 ちゃんとした賃貸借契約がないと銀行はお金も貸してくれません。 

(2)解約不能の賃貸借契約
 契約期間中に 退去する場合、多額の違約金を払う契約になっている場合。

 契約書をよく 確認しないといけないですね。 

(3)賃貸借の相手方が建物所有者ではなかったとき。
 建物所有者だと 思い込んでお店を借りたんですが、所有者の親戚の方だったという  ケースがありました。

(4)建物が違法建築
 建築基準法等で 規制がありますが、道路幅等で もともと、建ててはいけない建物。  

 借りて内装を済ましたくらいに 市役所から 違法建築だから 営業できないよといわれたケース。 

Contents

秋吉公認会計士事務所
福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル9階
TEL:092-771-3340(代表)/ FAX:092-771-3376
Copyright(c) 2013-2019 akiyoshikouninkaikeishi-jimusho.co.ltd. Allright Reserved.