組織作りの基本③ー階層(ランク)

所長ブログ

記事一覧へ戻る

組織作りの基本③ー階層(ランク)

組織作りの基本③ー階層(ランク)

 組織作りとは、役割分担を決めることから 始まりますが、組織作りのために 階層を明確に区分します。 

階層(ランク)の基本は トップとミドル(中間管理職)とワーカー(現場作業者)です。 

トップの役割は 組織全体のビジョンを定めたり、長期的な戦略を定めます。

ミドルは トップが定めた方針(戦略)に従い、求められるパフォーマンスを出すべく、課題を自ら 抽出し、その対策(戦術)をうつこと。

ワーカーは ミドルの指示のもと、現場作業をすること。

同じ営業職でも 営業本部長と営業課長と営業担当とでは 役割が違います。

ワーカーには 作業指示書が必要です。

日々の営業活動予定(出社9時から 勤務時間の終わる時間までどこに行って 誰と会ってどうゆう営業活動をするのか。)

その営業活動予定は 営業課長の指示の基づくか、その承認を受けなければなりません。

また、その結果の日報も営業課長に提出することになります。

そして営業課長は 部下への指示を通して課としての結果を出すことが、求められます。

組織の3階層を理解しなければ 組織は効果的に動きません。

Contents

秋吉公認会計士事務所
福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル9階
TEL:092-771-3340(代表)/ FAX:092-771-3376
Copyright(c) 2013-2019 akiyoshikouninkaikeishi-jimusho.co.ltd. Allright Reserved.