ふるさと納税

ふるさと納税

ふるさと納税

ふるさと納税物語③

こんにちは!
秋吉会計事務所の坂之下です!

 

前回の記事で少し触れましたが、
ふるさと納税をした金額の内、
住民税から控除される金額には上限があります。
この上限金額の範囲内で納税すれば
実質2,000円の負担で色々な特産品を貰えちゃいます。

逆に、この上限金額を越えてしまうと
自分で負担する金額が増えてしまいます。
一番お得な金額を計算してみましょう!

 

上限金額を計算する算式は
「住民税の所得割×20%÷(1-所得税率-10%)+2,000円」です!

 

……良く分からないですね。
この上限金額ですが、1年間の収入や
家族構成によって異なります。
概算にはなりますが、上限金額はこちらのサイトで確認できます。

 

もう少し詳しい金額を知りたい方は
こちらから上限金額を計算可能です。
最適な金額を計算して、お得に特産品を貰いましょう!

 

続く

 

ふるさと納税物語②

こんにちは。秋吉会計事務所の坂之下です。

 

ふるさと納税をしよう!!
そう思ったもののどういう制度かよく分からず
少しずつ年末が近づいてしまっている……
そんな(私のような)方、多いと思います。
今回はふるさと納税の制度について
よくある疑問をご紹介します。

 

○ふるさと納税ってどんな制度?
 ザックリ言いますと、納税ついでに特産品がもらえる制度です。
 ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に納税できる制度です。
 「ふるさと」納税という名称ですが、生まれた場所に限らず、
 納税先の自治体は自由に選ぶことができます。
 そして、納税先の自治体によってさまざまな特産品がもらえます。

 

○特産品がもらえても、納税するなら結局損じゃない?
 そんなことはありません。
 働かれている方は毎年住民税を支払っています。
 毎月のお給料から天引きされているか、
 3ヵ月に1回、支払いが発生します。
 ふるさと納税で納めた金額のうち一定の金額は、
 ふるさと納税した年の翌年6月以降の住民税から控除されます。
 つまり、住民税を前払いして、ついでに特産品がもらえるということです!

 

○たくさん納税した方がお得なの?
 ふるさと納税をした金額のうち、
 住民税から控除される金額には上限があります。
 詳しくは次回ご紹介します!

 

○手続きは面倒じゃないの?
 今年からは楽になりました。
 昨年までは確定申告が必要でしたが、
 今年からはワンストップ特例制度が創設されました。
 納税する自治体が5つまででしたら、申請書の提出だけで
 住民税の控除が受けられるようになりました。
 詳しくは次回以降の記事でご紹介します!

 

続く

 

ふるさと納税物語①

こんにちは。
秋吉会計事務所の坂之下です。

 

ふるさと納税が話題になっていますね。
「今年からは控除できる金額が増えた」
「ワンストップ特例で適用を受けるのが楽になった」
「○○の自治体は特産品が豪華」など色々耳にします。

 

実は私、まだふるさと納税を利用したことがございません……
そこで、実際にふるさと納税するまでの過程を
連載形式でブログに載せていきます!

 

まだふるさと納税をされたことが無い方、
興味はあるけど、制度や納税までの手順が分からない方、
ぜひ参考にしてみてください!

 

次回はふるさと納税の制度についてご紹介します。

 

続く

ふるさと納税物語②はこちら

 

秋吉公認会計士事務所
福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル9階
TEL:092-771-3340(代表)/ FAX:092-771-3376
Copyright(c) 2013-2019 akiyoshikouninkaikeishi-jimusho.co.ltd. Allright Reserved.