所長ブログ - 6ページ

所長ブログ

どこからが、本当の儲けか。②

どこからが、本当の儲けか。2️ 儲けたとして安心して使って良いのはどこからか。 月次の売上が損益分岐点を超えると利益が出ます。資金回りもよくなって来ます。 ここで、お金を使って良いものと思うのは早計なのです。 確かに、毎月末で、見ると利益も...

どこからが、本当の儲けか。

どこからが、本当の儲けか。 経営とは、資金の投下と回収の過程です。 お店を新たに始めたとして、どこからが、儲けたお金として、安心して使って良いのか。 最も早い勘違いは、毎日の売上が、現金として、手元に残ってきて、 儲かったと思って使ってしま...

経営戦略とは、社内の資源の再配分計画。

経営戦略とは、社内の資源の再配分計画。 国も国家予算案が出来ました。 自社の予算案、人、物、金を限られた中で、何処に重点的に配分するか、どこを削るか。 社内資源を効率的に運用し、目標とするパフォーマンスを出すこと、 これが、経営戦略、事業計...

税金払わないといい会社には成れない。

税金払わないといい会社には成れない。 税金払いたい経営者の方はいないと思います。 いい会社の定義はあるとしても、20数年、税理士をしている私が言うから、間違いはありません。 税金を払わずに、いい会社に成った会社は、一社もありません。 社会道...

予算オーバー、時間オーバー

予算オーバー、時間オーバー 新規で店舗を作られた場合、ほとんで、当初予算をオーバーしてしまいます。 物件探しから、はじまり、決まるとまず、仲介手数料、敷金、日割前家賃、翌月家賃、消毒料、町内会費。 次に店舗のデザイン、ロゴの作成。内装工事。...

新規出店では 固定費が重要

新規出店では 固定費が重要 新規に飲食店等を出される場合、いい物件はそう簡単には 見つかりません。 家賃が高かったり、人通りから 外れてたり、広すぎ狭すぎ。 特に家賃が高いと損益分岐点が高くなり、お店の維持が難しくなります。 せっかく、軌道...

毎日が、勝負。

毎日が、勝負。 今まで、新規事業を始められたケース沢山みてきました。 1番は飲食店、うどん、ラーメン、手打ち蕎麦、中華、スナック、カウンターバー等色々。 オープン当初は、お客さんの評判いいお店もあったのですが、 常連が出来ても、一回でも美味...

多角経営の難しさ。③

多角化が全て、困難なのではなく、既存の顧客から一定の支持ある場合は、 既存の顧客に新商品をという、多角化は成功の可能性が高い。 例えば、イタリアンレストランの名店が、サラダドレッシングを、レジ売りする。 或いは、和食の割烹が、おせち料理を来...

多角経営の難しさ。②

多角化は難しんですが、現在の本業を辞めて、新規の事業された方は、 上手くいっているケースが多いと思います。 別事業として新規事業を始めた場合は、殆どうまくいっていないのですが、 退路を断って、新規事業を始められた方は、かなりのケース、 少な...

多角経営の難しさ。

多角経営の難しさ。 既存のビジネスに加え、別に新規の事業をして、成功したケースは皆無に近いです。 バイテリティがあり、実績のある経営者の方が、新しいビジネス立ち上げられることがあります。 この経営者なら、成功するんじゃないかと思うこともある...